FC2ブログ

30代OL 海外留学までの軌跡・・・といろいろ

良かった、かろうじて今月も更新出来た。

学生ビザを取るためには、入学希望校から「I-20(在留資格証明書)」を取得する必要があります。
んで、それを取るためにが学校に、発行依頼をするんですが、発行する条件として「残高証明」とかいろいろ提出せねばなりません。

私が行こうとしている学校では健康診断証明書と予防接種が必須でした。

英語で健康診断書を書いてくれる病院・・・少ない。
幸い今の職場の徒歩圏内にありましたが、それでも徒歩20分かつ、土日は予約が難しい、という感じ。

しかも、学校の用紙したフォーマットに記載する事(これも学校によっては病院発行のものでOKというとこもある)とあるし、予防接種の種類も記載されている。

そこまで知りたいかどうかも分かりませんので、中略しますが最終的に5万はかかったと思う。
診断書で2万、予防接種で3万とかかなー。

その前にさ、予防接種の内容を指定してる学校の資料もふざけていて
1枚目 → 必須
2枚目 → 寮を使う人のみ必須

どっちよ!!!

たかだかこれを聞くだけで、2週間かかりました。
必須かどうかだけなのに。
無視ですよ、無視。催促メールしても無視。

本気で学校変えよかと思いました。

多分、学校がVacationだったからだと思うんですが、にしてもほっときすぎ。
私が留学したら同じ給料でもっと良いパフォーマンス発揮しますって言ってその担当者と代わったろかなと思います。

あ、予防接種ですけど、B型肝炎のは、めちゃくちゃ腫れますよ。マジで。
2週間以上腫れましたし痛みもひどかったので少々ビビりました。



スポンサーサイト



NG
ちばぎんからのローンのお返事。

「NG」

ですよねー。
ダメもとでしたけど。
とりあえず、申し込みです。

申し込み、と一言で言いましたが、「ローンの申し込み」と「学校への申し込み」です。

ローンの申し込み
前回書いた通り窓口で玉砕したのですが、シレっと送ってみました。ネットで。
あのですね、よく考えたんですが、海外留学に際し、ローンを申し込む人でどれだけの人が無職にならない訳がありますか!?
そう考えたわけですよ。今も人並みにお給料は貰ってますし、帰って来てからも当然すぐ働くつもりです。
ま、甘くはないのは分かってますが、申請しても失うものはありませんしね。

学校への申し込み
私がお客様は神様です社会=日本に住み慣れてしまったからなんでしょうが、いちいちむかついたり不安になったりしています。先方の反応の悪さ、遅さに。

Apply ESL経由で申し込んだの7/22の昼。Apply ESLの担当が、語学学校の担当者にメール連絡したのが7/22の夜中。
語学学校から連絡が来たのが7/29の朝。

遅いて・・・。

これが全文↓

Hello,

Thanks for interest. I’ve attached our application, housing, I20, and health forms. Not listed on the housing application is the option to stay with a host family for a monthly fee to be determined. For international students there’s $150 registration fee that includes I20 processing + optional express mail fee. There’s a $500 tuition deposit required that is refundable if visa is denied. The health record needs to be sent to our office prior to arrival if you reside on campus. The Fall I semester starts 9/3 and runs for 8 weeks, full time cost is $1675. The following semester starts 10/27-12/18. International students on F1 need to be full time 18 hrs+ week. Please let me know any additional questions.


読んでがっくり。
だって2015年からのコースなのに添付のApplication Formが2013-2014仕様。
だってだってホームステイ希望なのにApplication Formの選択肢にない。
だってだってだってホームステイ希望なのに詳細も料金も情報が無い。

至れり尽くせり、即回答の顧客至上主義は日本だけなのだと自分に言い聞かせました。
こちらもずうずうしく何でも聞けばいいのだと、逆に気が大きくなってきたので良いっちゃあ良いかも。
明日は休暇を取って、パスポート取得と、英語版の残高証明書を作成してきます。

お金の事はどうなる事やら・・・でも案ずるより産むが易し。
まずは動かないとね。

アクセサリー作りだの、なんだのとあっという間に日にちが過ぎ、怠惰な日々のせいでホントに日数がなくなって来ました。

さて、資金の事なんですがやはりローンを組もうかと考えてみる事にしました。
ダメ大学生だった私は奨学金など望める条件とは程遠い成績でして、探してはみたものの難しいと早々に見切りをつけました。
「留学期間中は返済額を据え置く事ができる」「金利が低い」「海外留学にも適用できる」この辺を注視して探しました。
社会人向けローンには色々ありますので私が検討したものを書いてみます。

- 日本政策金融公庫の「一般教育貸付(国の教育ローン)」
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.html

金利面で考えるとこれが一番かと思います。コールセンターもあり、対応も親切。
Webで条件を確認の上、不明点があればコールセンターに問い合わせてみると良いですよ。
日中勤務の人だと窓口に行かずして相談、申し込みができるのがありがたいです。

- 銀行の教育ローン
他にもありますが私が利用頻度が多かったので、下記銀行を検討しました。
ちばぎん http://www.chibabank.co.jp/kojin/loan/education/
UFJ http://www.bk.mufg.jp/kariru/kyouiku/
三井住友 http://www.smbc.co.jp/kojin/kyouiku/

有担保・無担保、ネットで申し込み可、など様々なパタンがあります。当たり前ですが、国の教育ローンよりは金利が高いですね…。しょうがないです。でも据え置きできるので、そこは教育ローン。ありがたいです。

私はまずお話だけ聞きにちばぎんへ。
…断られました。

理由は簡単「留学中は無収入の為」。

そりゃそうだ。悲しいかな、当たり前の事にも気づかず。
じゃなんで、社会人向けのローンなんてあるんだ!と思いましたが、勤務しながらの大学通学、自己啓発、資格取得で利用可能とのこと。恐らく休職しての短期留学でも利用できると思います。(ここは確かではありませんのであしからず)

もうひとつ考えたのは、国の教育ローン。とはいえ、ちばぎんでNGだったので、申し込む前にコールセンターに問い合わせ、相談しました。やはり本人の借入は難しそうです。ですが、父にローンを申し込んで貰い、帰国後に私の名義に書き換える方法もある事がわかりました。据え置きですと留学中は、利子のみの支払いでOKなので、その分は父に前もって支払っておけば、父に迷惑がかかる事もありません。ただし、申し込み者(今回は父)の年収が650万円以下である事が条件です。(これも、現時点での条件ですし、ここで条件も変わってくるかと思うので、各自で必ずご確認くださいね)

そこで父に電話。

結論としては、申し込みする状況ではない事が分かりました。
ちょっと特殊な事情なので、詳細はここには記載しません。

では母に頼もうかと思いましたが(両親は離婚しており、それぞれ自営です)、恐らく母はもっと難しいと思われ。

ここまで書いておいて悲しいのですが、ローンは諦めました。

留学貯金だけで行く事になりそうです。しょうがないですよね。

という訳で次回は、ここからどう動くか、という事を書いていきます。








結局2カ月経ってしまいましたね…。

今の状況としては、会社に12月で辞める事を伝え、留学先の学校の1つを絞ったとこ。


約1年の予定で留学しますが、ぶっ通しで1つの学校に通うつもりはなく、気になるカリキュラムがある複数の学校に通うつもり。

渡米してまずお世話になる学校はNYでなくNJのカレッジのESLにしました。
まだ正式な手続きを踏んでないので、学校名は伏せますけども。

ここは1年未満のカリキュラムにも関わらず、VISAサポートしてくれるようなんですねー。
ありがたい事だ。たぶん、組み合わせて長期留学に切り替えられるからだと思う。

ここの学校とコンタクトを取るには恐らく3通りあると思う。
1. 留学エージェント
2. Apply ESL を使う
3. 直接連絡を取る

今のとこ1.はないなー。

2.も無料かと思いきや申込にはお金がかかるんですよね…。
自力留学!と思っている私としては、3を選ぶべきなんですが、Apply ESLも半ば自力なのでまーいっかなとか思う今。

むむむ。